会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

[そば食い] [パワーフード] [テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵] [The Object] [ごちそう帖] [百歳堂TODAY] [我が心のきもの] [王様のたまご] [My Suits] [My Shoes] [R.H. 「研究ノート」]
 
パワーフード
 
 
 
 
番号 : 5「有機アガペ チョコレートパテ」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (bespoke@rikughi.co.jp) 日付 : 2016.04.30 07:29  
 
 
 


bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「有機アガペ チョコレートパテ」












人間は食べるもので生成されている。これは「真実」だ。

そしてさまざまな「食べ方」がここ近年、「模索」されている。

これについてはまさしく「諸説ふんぷん」、それぞれの主張はときにしてまったく真逆だったりする。


実は私も一匹の「迷える羊」であり、好きなものを好きなだけたべていたら89kg近くになってしまって足袋をはくのにもゼイゼイするようになってはじめて「この分野」に関心をもつようになった。


今回とりあげる「ローフード(RAW FOOD)」はビーガン(厳しいヴェジタリアン)とも少し違うのだが、

共感したのは以下のふたつのポイントである。その前に私の「立脚点」を明確にしておくと「100%ローフード」、或いは「100%なんとか」という風にするつもりはない、それぞれの良いところをとりいれて適度な運動のために(さぼりつつ)ジム通いを行おうというところである。


ただ、それぞれの主張を知ることは悪いことではないと思う。

下手をすると食の安全さえ侵されさえする「現代人」が安全に「美食」(美しく食べる)を愉しむためには21世紀に必要な知識知識になっていると思う。


さて、ローフードとは

1.カロリーよりも新鮮な食物(おもに野菜、果物)がもつ「酵素」と「水分」をとりこむことを大きな目的にしている。

酵素は消化、分解のいわば「触媒」である。

2.そのために酵素が壊れてしまう48度以上の熱を加えた調理方法をさける。つまり、切る、マリネするなど生(RAW)の状態で食べることを勧めている。


3.もうひとつ気に入ったのは人間の一日の食生活を三分割し、それに合わせた食物を設定していることだ。そしてその基本は「消化」しやすくからだに負担をかけないということである。


4.「ローフード」では朝は「排泄」の時間とし、朝食は「りんご」など「排泄」を邪魔しない消化しやすい果物だけをとることをすすめている。
昼は「消化」の時間、昼食は新鮮な野菜サラダの大盛りである。
夜は「吸収」の時間だが、夜8時までに夕食を終えることを勧めている。

5.私にとって気が楽なのは、ここにあげた「ローフード対応のチョコレート」や「アガペ」をつかった「有機チョコレートパテ」やチョコレートムースなどローカカオをつかったデザートもO.K.だということである。
 
 
番号 : 4「有機アガペ チョコレートパテ」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (bespoke@rikughi.co.jp) 日付 : 2016.04.30 07:27  
 
 
 



bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「有機アガペ チョコレートパテ」












チョコレートが発明されたほぼ同時期に創業したダーデン社(1897年創業)の「アガベ チョコクリーム ヘーゼルナッツ」はなにしろウマイ。


ダーデン社は南フランス、ピレネー山脈の麓のルションという街で静かに、しかし、かなりオーガニックやエコロジーにこだわったチョコレートづくりをしている。



 
 
番号 : 3「 ローフード対応チョコレート 」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (bespoke@rikughi.co.jp) 日付 : 2016.04.12 22:16  
 
 
 



bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「ローフード対応チョコレート」












人間は「食べる」もので生成されていく、「ヴェジタリアン」=「野菜しか食べない人々」の存在を1970年代に知ったときは「美食」に耽溺していた身には衝撃的だったが、いまやあらゆる「foodist」が存在し、あらゆるアプローチから「食物」が研究されている。

自分自身も歳を経て最新の「食の知恵」を組み合わせた食事スタイルを模索したくなった。第一、太りすぎては昔のスーツが着れなくなる。バニー・ロジャースは終生、そのスリムな体型を維持したが、その裏では厳しいダイエットも厭わなかったそうではないか。

21世紀は単なる「ダイエット法」ではなく健康で自分にあった「食べ方」を探索する時代かもしれない。


今回紹介する「ローフード(RAW food)」はカロリーではなく食物自身がもつ「酵素と水分」を摂ることを目的とした食事法である、

その名の通り(「RAW」=生)、48度以下で調理することをルールとしている。

何故「48度」かというと食物がもつ酵素が48度以上で熱すると壊れてしまうからだ。だから調理法もシンプルで近くにフレッシュな野菜や果物が手に入る場所がある限り時間も経済的にも負担がかからないという。

しかし都会で朝採れのオーガニックな野菜や果物を「経済的」に手にいれるのは難しいと思うから、これも「美食」のひとつと割り切ってフレッシュな「酵素」を摂ることを積極的に愉しむつもりで行うことを勧める。なんでも愉しんでやるものだ。

「ローフード」の良いところは、スイーツが充実しているところだ、熱処理されていない有機カカオをつかったチョコレートは美味い。

ちょっと苦いほどカカオの濃度が高くてコレひとつで十二分に満足する。何故かハート型をしている。一枚、450円とまずまず手頃な値段でもある。


私は旅行のときについつい「食べ過ぎる」ので、「ローフードチョコレート」+「美食レストラン」=一日2食計画でいこうかななどと思っている。

 
 
[1] [2]
 
名前タイトル内容   
 
 

Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階