会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

[そば食い] [パワーフード] [テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵] [The Object] [ごちそう帖] [百歳堂TODAY] [我が心のきもの] [王様のたまご] [My Suits] [My Shoes] [R.H. 「研究ノート」]
 
R.H. 「研究ノート」
 
 
 
 
番号 : 7460「ゲンズブール家のインテリア」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.02.24 10:26  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「ゲンズブール」









 ★

























 
 
番号 : 7459「パーフェクトプロダクション アンダルシアスタイル  傑作」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.02.23 19:35  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「アンダルシアスタイル」









 ★




クラブメンバーMさんに仕立てた「アンダルシアスタイル」の「黄金」はなんといってもこの「唯一無二」のヴィンテージビューテイにある。 先ずジャケットの生地は我が「RED ROOM」が誇る生涯で出会えるかどうかという逸品中の逸品。カシミアが20%入ったプレイドの名品で極めて緻密なペイズリー(?)文様が重ね染めされている。こんな「ペイズリー オン プレイド」なんて見たことないでしょう?それも「糸の良さ」、「織の緻密さ」、そして重ね染めされたペイズリーのギクリとするぐらいの本物の持つ存在感と高度な染めの技術に圧倒される。


そしてこのヴィンテージビューテイにリネン&ウールのプレイドを重ねたMさんの美意識が凄い。ウインザー公もよもやと思わせる「プレイド オン プレイド」の極致、高度なコーデイネイト力である。


そして「シグネチャー チーム」の仕立ても凄い。今回はMさんの意向もあり、ある種の「ヴィンテージ」感(ただそれは実際に存在するものではなくMさんのスタイルとして構築したものだが、、)をスタイリングにとりこんだ。意外にウエストは絞り込んでいない、「意識的」な「美しい肩」をつくりあげること、そしてそこから思ってるより低いウエストポイントに向かってゆったりと弧を描いていく第三のエレガンス。スポーツコートの腰ポケットのフラップの幅も狭い。ウエストを絞っていない分だけ肩に意識が集まる、この全盛期のオートクチュールを思わせる(それよりも上手い)「美しい肩」は必見である。


「シネチャーチーム」だけでなく「立体裁断チーム」を含めアトリエの各テーラリングチームは黄金期を迎えている。世界のどこよりも「上手い」、世界のどこよりも「高度な仕事」を達成している。

ちなみにMさんのウエストコートのくるみボタンがプレイドが十字に重なる部分だけを切り取って揃えられているのにお気づきになったであろうか?



























 
 
番号 : 7458「パーフェクトプロダクション マスターピース クラシックダブルブレステイッドスーツ 傑作」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.02.12 05:48  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「マスターピース」









 ★






























 
 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
 
名前タイトル内容   
 
 

Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階